• 紙幣とともに財布が登場した

    欧米で財布が使われるようになったのは、1690年のことです。


    それまでは牛革や馬革をなめして作ったひも付きの小さな袋に硬貨を入れていました。アメリカは牛肉の消費量が多く、農耕馬を買っている人も多かったので、革がたくさん手に入りました。

    日本でも紙幣が登場するまでは、中央に穴があいた硬貨を使っていました。


    穴に紐を通して持ち歩いていましたが、紙幣が流通した江戸時代に財布が生まれました。

    メンズ財布のブランドのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

    日本の財布は懐紙入れを応用して作られました。



    懐紙入れは折りたたみ式で中を開くと懐紙を入れるポケットがあります。

    日本は古くから包むという習慣を持っていたので、お金も包んで保管しました。



    現在使われている多くのカードを収納できる二つ折り式は、1951年にクレジットカードが普及されたことで注目を集めました。

    1950年代には、今とほぼ変わらないデザインが誕生しました。

    1970年代には、マジックテープを使ったものも販売されました。
    紙幣からクレジットカードと支払い方法が新しくなるにつれて、それに応じたデザインが生み出されています。色やブランド、素材など様々なバリエーションがあり、多くの人のニーズに応えています。


    日本人の女性は世界的に見てバッグが好きだと言われます。

    女性は財布をバッグに入れますが、男性はズボンのポケットに入れるのが多いです。

    そのため、男性のズボンや上着のポケットには紛失や盗難を防ぐボタンがついたものもあります。